※本ページは一般のユーザーの投稿により成り立っており、当社が医学的・科学的根拠を担保するものではありません。ご理解の上、ご活用ください。
sa
妊娠・出産

マグセントの長期使用、長期投与の胎児への影響について切迫早産にて24…

マグセントの長期使用、長期投与の胎児への影響について

切迫早産にて24週から入院中の34週の経産婦です。
24〜28週まで個人病院、ウテメリンMAX(4A30)まであげても、張りが治まらず28週から大学病院に搬送されました。
28週からウテメリンMAXとマグセントを投与されています。
マグセントの量も徐々に上がり続け、現在は16です。
頚管長は10mm前後と短いです。

やっと34週に入ったところで、主治医より点滴減量、オフ、退院についての話をされました。
36週2日から5日間かけて徐々に点滴を減量していくとのことでした。
陣痛につながらなければ37週ちょうどの日に退院予定です。
個人病院に戻ることも検討していたため、その話をすると、長期、そして点滴量も多いため、赤ちゃんの呼吸器等に影響が出る場合があるので、できれば大学病院で出産した方がいいと言われました。
初めて聞いたため動揺しています。

実際にマグセントを長期、多量に使用していた方、赤ちゃんへの影響はありましたか?

大学病院なのでNICUや小児科医もいるので大丈夫かとは思いますが、万が一のことを考えると不安になってきました。

今のところ経膣分娩の予定です。
よろしくお願いいたします!!

コメント

deleted user

そもそも長期投与で小児喘息リスクが高まるということでリンデロン筋肉注射が効き始めるまで短期間使っただけですが、かなり早産の割には意外と気管挿管は免れました。ただ、人工呼吸器は2月ほど使っていました。

  • sa

    sa

    ありがとうございます!
    そうだったんですね。
    やはり喘息リスクは高まるのですね。
    でも気管挿管は免れよかったです。
    ウテメリンもその作用があると聞き、ダブルで使用していたため気になっています。

    • 4月27日
ママリ

マグセント、22週くらいから35週まで長期投与してました。
私の場合はリトドリンで薬疹が出てしまったためです。
長期投与によるリスクもアメリカの論文みたいなものを用いて説明されましたがかなり低いものだったように思います。(曖昧ですみません!)
たしか、36週にはマグセントは抜かないと、生まれた時の赤ちゃんがふにゃふにゃになると言われて、早めに35週で抜きました。
結局37週で生まれてきましたが、息子何も影響受けてないです!

  • sa

    sa

    ありがとうございます。
    リスクはかなり低いものだったのですね。
    上の子の時もマグセントは使用していて、今のところ特に問題は無いのですが、ここまで長期、多量ではなかったので気になっています。
    35週で抜いたのですね!!
    うちは多分36週4日ぐらいで外すようです。
    ふにゃふにゃも心配です。

    • 4月27日
  • ママリ

    ママリ

    早く産まれてしまう方がよくないから投与するという感じでした!
    ふにゃふにゃ心配ですよね。

    マグセントの副作用ほんとにつらいと思いますが、あと少し頑張ってくださいね🥲💕

    • 4月27日
  • sa

    sa

    ありがとうございます!
    主治医も同じように早産の方が良くないから….と言っておりました😅
    点滴オフしてから、時間をおいて生まれてくれるといいのですが💦
    マグセントの副作用、本当に辛いですよね😭
    だるいし、暑いし、息苦しい感じだし…あと少しだと思って頑張ります✨✨

    • 4月27日

「妊娠・出産」に関する質問