※本ページは一般のユーザーの投稿により成り立っており、当社が医学的・科学的根拠を担保するものではありません。ご理解の上、ご活用ください。
mori93
ココロ・悩み

来年2月に第二子の出産を控えています。3歳の娘がいるので、今回は実家…

来年2月に第二子の出産を控えています。
3歳の娘がいるので、今回は実家の和歌山に娘と一緒に里帰りして出産するのですが、里帰り中に大きな地震が来ないか不安でふとした時にその事ばかり考えてしまってます。
実家は海沿いではないのですが、比較的海に近く津波の影響も確実に受ける場所です。
特に、私が出産して入院中の娘と離れている時に起きてしまったら、とか最悪の状況ばかりを考えてしまいます。
いつ起きるか分からない自然災害のことをそんなに気にしてもと言われるのですが、いまいち不安が拭いきれず…
同じような心配をされている方いらっしゃいませんか。
その場所で普通に日常生活を過ごしておられる方が沢山いらっしゃる中自分勝手な不安なのは重々承知なのですが、ご意見頂けると嬉しいです。

コメント

まりあ

私も不安なので、今から一人出産になった場合の処置の仕方まで学んでいます(・_・;

出産まであと2ヶ月を切りましたが、(年末という事もあり)頼れる人が周りに誰も居ないので、私一人で病院に行き産後のケアもヘルパーを雇う事になっているんですが...
都心部は大規模な地震がもういつ来てもおかしくない程切迫していますし、出産と重なってしまう可能性も十分あります。

なので最悪の状態として仮に陣痛時にM7.0の大地震が起こった場合、交通網は完全に麻痺し、病院へ行けず自宅で一人分娩する事になるかもしれませんし...そうなれば吸引器以外に何が必要なのか等も調べてます。
その後の生活も産褥期の状態で1週間〜10日は被災生活となるので、防寒対策をどうするかも検討が必要ですし。

周りから余計な心配だと言われたとしても私は気にしないです。
確率論をもとに最悪の状況となった時の対策を想定しておけば、その万が一の時にもパニックにならず最善の形で過ごせると思いますしね。

  • mori93

    mori93


    コメントありがとうございます^_^
    同じような不安をお持ちの方がいらっしゃって心強いです。
    一人出産の処置方法まで学ばれているんですね!すごい!
    そこまで考えが及んでいませんでした(-_-;)
    確かに地震が起きるタイミングによっては病院での処置すら望めない可能性もありますもんね。
    私も万全な対策をしておけるようにしたいと思います!

    • 11月4日
  • まりあ

    まりあ


    万が一の1人出産対策として、臍の緒は切らない方が良いそうです。
    (病院では分娩室の回転率を上げる為すぐに切り落とされちゃいますが)

    本来であれば臍の緒は、母乳が出るまでの数日間かかるので、その間までの大切な栄養源であり、赤ちゃんにとってはお弁当のような物なんだそう。
    そして数日後にぽろっと取れてしまうのが自然な摂理らしいです☺️
    余計な豆知識でした

    • 11月4日
  • mori93

    mori93


    そうなんですね!初めて知りました!
    しかも時が経つと自然にぽろっと取れるなんて、人間の身体ってほんと神秘ですね。
    覚えておきます_φ(・_・

    • 11月4日

「ココロ・悩み」に関する質問