※本ページは一般のユーザーの投稿により成り立っており、当社が医学的・科学的根拠を担保するものではありません。ご理解の上、ご活用ください。
mon
妊娠・出産

10周目に入った 40歳 初産です。クアトロ検査を受けようか悩んでいます…

10周目に入った 40歳 初産です。クアトロ検査を受けようか悩んでいます。「所詮確率」とママリさんの相談でも良く見かけるのですが どうなんでしょうか。羊水検査はまだ考えていなくて ダウン症と分かれば 降ろすという決断すらできていません。年齢も年齢だけに 受けた方が良いのでしょうか。よっぽどなら、エコーで確認(首の後ろの浮腫み)してから 先生に言われることもないのでしょうか?

コメント

naho

私が通っている病院は
35歳以上だと羊水検査を
進められていました。
どっちにしろ結果が出たとき
どうするかを決断してから
受けた方が良いと思います❗

ちゃこ

検査を受けて、思わしくない結果だった場合どうしますか?

そこまでしっかりご家族で話し合えているのであればご年齢のこともあるので受けてみてもいいのではないでしょうか?

ハル

出産時に34歳で第2子妊娠中です。
私は特にエコーで異常を指摘されたわけではありませんが、羊水検査を受けました。
初期にエコーでの異常がなくても、後期になって異常を指摘された、妊娠中何も異常は指摘されなかったのに産まれたらダウン症だった…という話も聞いたからです。


私はダウン症のお子さんと関わったこともあり、とても可愛いこともよく知っています。
我が子がダウン症だったら…大変な思いもするでしょうが、乳幼児期の間はなんとか育てていけるのでは、と個人的には思います。
ただ、思春期、青年期、老年期が難しいな…と感じます。
思春期・青年期は性の問題、青年期・老年期では、自分が老いても終わることのない子育て、親の亡き後、どうするのか…そこを考えると産むという決断は我が家では難しいと思いました。
今は、医療が発達して昔は短命だと言われていたダウン症の方も長生きするようになり、50代、60代の方もいますし、そのうち70〜80くらいまで生きられるようになるかもしれません。
仮に60くらいまで生きるとして、自分が90になっても我が子の面倒を見続けられるのか考えた時、持病もある私にはとても無理だな…と思いました。
福祉にかけられる税金だってどんどん減っていくでしょうし、公的支援をアテにすることはできません。
施設だって入れる保証はありません。
そうするとどうしたって、第1子の娘に負担をかけることになってしまいます。
障害のある兄弟がいることで結婚の話が破談になった…という話も聞きます。
娘のこと、性の問題、自分達が老いた時のこと、お金のこと…色々考えて我が家で育てることは難しいと思ったので羊水検査を受けました。

出生前診断には否定的な考えの方も多く、命の選別だ!と出生前診断=悪のように批判する世論の流れもあります。
でも、これは子どもを産み育てるご夫婦で決めることであって、外野がどうこう言うことではないと思います。
いざ、自分達が大変な思いをした時にその人達が助けてくれるわけではありませんから。
産む決断も、諦めるという決断も、どちらも間違ってなんてないと、個人的には思っています。
ですので、出生前診断=悪といった世論や道徳観念で考えるのではなく、ダウン症と診断された時、現実的に育てていけるのか、お腹の子の命を育てていきたいのか…ご夫婦でよく話し合われて、検査をするかしないのか決められるといいと思います。


検査についてのお話ですが…
クアトロ検査等は確率でそれをどう受け取るか…結局、余計に混乱するだけの方が多い印象です。
羊水検査を考えていないなら、私は新型出生前診断がいいと思います。
非確定検査ではありますが、99%の確率で、陽性か陰性かはっきりわかります。

私の場合、新型出生前診断は年齢が35歳未満で受けれなかったので、いきなり羊水検査を受けました。
羊水検査は確かに流産の確率は0ではありませんが、そもそも羊水検査を受ける人はエコーや検査で異常を指摘された人が多く、染色体異常である場合が多いです。
そのため、元々羊水検査を受ける受けないに関係なく、体内で育つことができなかった染色体異常の流産も含まれているので、実際の流産の確率はもっと低いと医師から説明がありました。
ただ、流産のリスクが0ではないので、質問者様の場合は新型出生前診断をまず受けるというのもアリだと思います。
ただ、費用面でかなり高額です。
新型出生前診断は99%の的中率ですが、あくまで非確定検査で20万、羊水検査は確定検査で13万でした。(費用は病院によって違いますし、新型出生前診断→羊水検査にすすむ場合補助がある病院もあります)
受けるなら新型出生前診断か羊水検査がいいと思います。

羊水検査は私の病院ではエコーをする医師、穿刺する医師と2人がかりで、更に補助でもう1人医師がついてくださり、とても万全な体制でして頂きました。
穿刺時は少し痛みはありますが、思ったほどではありませんでした。
穿刺後2時間様子見て、もう一度診察をしてもらい帰宅できました。
(病院によっては1泊入院のところもあるようです)
当日は安静に、翌日からは普通に生活していいとのことでした。
長文失礼致しました。

  • mon

    mon

    詳しくありがとうございました。
    もしもの時、考えてはいたつもりでしたが 思春期 老年期など想像していましたが いざ文書にされると ハッとする部分がありました。検査の種類も多く迷いますが、自分の出産までの安心感には変えられないですね。ほかに兄弟 姉妹がいると また考え方も、もっと深刻なものになるのですね。
    なん度も読み返しました。参考になりましたありがとうございました😊

    • 8月22日
はじめてのママリ

もう解決されてるようですが私も高齢出産、その上エコーにて浮腫がてでした。

先生は浮腫にかんしてはギリギリ大丈夫といわれましたが、ほとんどのケースで先生から指摘されずに出産して判明するケースだときいたのでそれはそれは不安でした。

私の場合はもしもの時に堕胎する覚悟は出来ないから検査しませんでした。

これが逆に私にはストレスになってしまい、出産までずーーーと不安を抱えてとても大変でした。

個人的には検査した方がいいと思います。結論が決まってなくても検査した後で決めてもいいと思います。

  • mon

    mon

    ありがとうございます。
    あきさんは 結局無事に出産されたのですね?😊むくみがあっても 問題ないこともあるんですね。
    検査はアドバイスせっかく頂きましたし やはりしてみようと思います。してもしなくても 結果によっては ストレスにはなりそうですね。良い方向に考えて思い切って検査します!ありがとうございました

    • 8月22日

「妊娠・出産」に関する質問