※本ページは一般のユーザーの投稿により成り立っており、当社が医学的・科学的根拠を担保するものではありません。ご理解の上、ご活用ください。
ずー
妊娠・出産

無痛分娩のメリットデメリット教えてください!

無痛分娩のメリットデメリット教えてください!

  • ずー(妊娠36週目, 1歳1ヶ月, 2歳3ヶ月)

コメント

えりざべす

えりざべす

メリットは傷みが緩和されて母親の負担が少ない

デメリットは増井を使うので、陣痛とのタイミングを合わせずらい、力がいれずらい、半身不随になるかもしれない

ですかね🤗
私の友達のお姉さんが言ってました♪

  • 11月14日
あずき

あずき

日本で無痛分娩を希望する場合は、きちんと麻酔科医がいる病院でした方が安全だと思います。

私はまだ未経験ですが母体の回復が早く、痛みが少ないので無痛分娩をする予定です。

  • 11月14日
アントーナ

アントーナ

メリット→痛みがない分体力の消耗が少ない。産後も回復がはやい。
デメリット→費用がかかる。場合によっては無痛にならないことがある。失敗のリスクがある。背中に麻酔の針を入れるのは痛い。

  • 11月14日
ポッター

ポッター

日本ではまだ海外ほど浸透していないから不安もありますよね💦

個人院より総合病院がいいかもですね!


無痛を経験したママ友はみんな大絶賛でしたよ!
私はしんどい経験をしてみたかったので普通分娩しましたが、ほんとに楽だそうです!!

  • 11月14日
ちゃーお

ちゃーお

メリットは皆さんがおっしゃっている通り痛みもなく体力が消耗せず産後の回復が早い事と、あとは落ち着いて新しい家族を迎え入れる事ができるという所ですかね。

デメリットはやはり麻酔を使うという事でリスクがある事ですかね。
きちんと麻酔専門医もいる病院で分娩前の説明もきちんと実施している所なら良いと思います。(リスクも含め手順なども説明してくれるなど)

私は上の子は自然、下の子は長引いてしまい途中から無痛にしたので両方経験しましたが無痛は本当に凄いです!!
お子さんも立ち会うなら無痛の方がいいかなと思います。

  • 11月14日
りんご

りんご

母体の痛みが緩和され、話しながらリラックスしてお産ができる。
母子共に障害者になったり
母体は下半身不随になる可能性がある。

  • 11月14日
リリー

リリー

メリット→最大のメリットは胎児の酸欠を和らげられること。
母体に負担や痛みが少ないことで胎児に酸素が行き渡り、陣痛時や出産時になりうる低酸素脳症や新生児仮死などを防ぐことができる。

母体がリラックスできることで、母体側の脳内出血などのリスクも減らせる。

痛みがどうのより、陣痛時や出産時に起こる命に関わるトラブルの確立を下げられるため私は無痛分娩のメリットは大きいと感じています。

デメリット→日本では産婦人科医、麻酔のできる医師が少ないため、無痛分娩の場合は計画無痛分娩になる場合が多い。
児が降りてきていない、子宮口が開いてないことも多く促進剤での母体の反応が悪いと帝王切開の確立が上がる。

麻酔に関しての手技、経験、知識が未熟な参院や医師にあたってしまうとマスコミが騒いでいるような命に関わるようなトラブルも考えられる。(これに関しては無痛分娩の実績の多い参院、経験豊富な医師を選べばほぼ回避できる)

✴︎

帝王切開の確立が上がる理由→
経験無痛分娩の場合、38週から40週までにバルーンや促進剤を使ってお産を進めます。もちろん感染症のリスクもあがります。
そのため、数日トライして陣痛がついて来ない場合や子宮口が開かない場合は、あまり先延ばしにできず帝王切開されると思います。

✴︎
でも、だからといって普通分娩を待つことが一番いいのかは運です。臨月をすぎても原因なく胎児の胎内死亡はありますし、40週すぎても自然陣痛が来ない場合も多くあります。
予定日超過し陣痛がなければ、児に十分な栄養がいかなくなるため結局バルーンや促進剤で誘発かけます。

自然陣痛を待っていたほうが安全か、計画無痛分娩で40週を待たず誘発かけたほうが安全かなんて、結局は結果論でありなってみないとわかりません。

とても迷うと思いますがどんなことが起こるかはわからないので、ご自分がこれがいい!と思われたお産が一番だと思います^_^無事にお産ができるように祈ってます。




  • 11月16日
  • リリー

    リリー

    誤字だらけでしたね。すみません。
    ✖︎参院 ◯産院
    ✖︎経験無痛分娩 ◯計画無痛分娩

    訂正しますm(..)m

    • 11月16日