※本ページは一般のユーザーの投稿により成り立っており、当社が医学的・科学的根拠を担保するものではありません。ご理解の上、ご活用ください。
ミルコップ
妊娠・出産

出産で5L出血し、膣壁血腫、一時的な視覚の欠損、輸血、最終的に子宮全…

出産で5L出血し、膣壁血腫、一時的な視覚の欠損、輸血、最終的に子宮全摘をしました。
産後2カ月経ち、血腫が悪化し膣壁に穴が空き、血腫の摘出手術も受けました。
出産はこんなに大変だとは知りませんでした。周りに同じ方がいないので、予想してない事ばかり起き、産後1年くらいはショックでしたが、子供も自分も今生きている事ができて良かったと今は思えるようになりました。

こんなに沢山一度に体験をされた方いらっしゃいますか?


以下、過激な内容ありますので妊娠中の方や初産の方、その他抵抗のある方はご覧にならないでください。長文です。


破水し、赤ちゃんが下りてきて深呼吸して目を開けると左目の中心部分が丸く欠損して、ソフトクリームの様にクルッとねじれてぼやけていて、そこの丸以外はハッキリ見えていましたが、人の顔が妖怪の様にみえました。
元々右目が見えていないので、このまま失明したらどうしようと言う不安がありましたがそれどころではなく子宮口も開いていたのでそのまま分娩室に向かいました。途中すれ違う人の顔は全て妖怪に見えました。産まれた赤ちゃんの顔が見れないんだなと悲しさと、初めて出産だったので不安ともう恐怖しかありませんでした。
出産は2時間くらいで安産でしたが、目は見えないまま、産まれた赤ちゃんの顔もみえません。仕方ないので後で見ようかなと写メを4.5枚撮りました。

先生に処理して貰って30分くらい経った頃に急に嘔吐しました。これが始まりでした。先生の手はずっと止まらず、血も止まらず。次第に寒気が襲ってきて、身体が震え、痙攣が始まり自分でも止められなくなりました。

意外に私は冷静で意識もあり覚えているのですが、全スタッフが私の分娩台に集まってきて点滴やら赤ちゃんと2ショットの写真やらとにかくバタバタしてました。大分出血していたのか血管が細くなりすぎてなかなか針が刺せずいろんなところにプスッ、プスッ。今考えるとこんな状況で写真なんてかなり危ない状態だったんでしょうね。

その後大学病院に救急搬送。救急車の中で3回くらい眠くなり叩き起こされます。後から聞いたのですが、出血多量死んでいく人の状態だそうです。そして左股に衝撃的痛み!激痛!膣壁血腫がこの時に出来ていたと考えられます。

30分程で大学病院に到着。見たことのない数のスタッフがストレッチャーに乗った私を囲んでいました。 このままでは死んでしまうので子宮取りますがいいですか?手術室に運ばれなが質問され、とっさに出た言葉が、更年期障害の症状が出るんですか?って私、何て質問してんだ、、、もう一人子供も欲しいしそっちが先だろと。スタッフの方は大丈夫、卵巣は残るから。ただ子供は諦めないとね。って言われハッと思い、絶対取らないとダメですか?って聞きました。命を守るにはそれしか手段はないよ。赤ちゃんだってママがいないと生きていけないよ。って。

もう手術室だからここにサインして。
私に選択の余地はなく、自分の意思で自分でサインしました。
マスクを付けられ目を閉じました。

何時間経ったのか、眼が覚めるとICUで人工呼吸器を付けられ手足は縛られ色んな物が身体にくっついてました。

生きてる。ただそれだけ思いました。


その後もいろいろ大変で、赤ちゃんと離れ離れそれぞれの病院でしたし、手術と出産と血腫でお股に玉々のような腫れもありました。隣に赤ちゃんいないのに、おっぱい絞っては冷凍の繰り返しだし。

3週間くらい入院したかと思います。家に帰っても、輸血の影響でデッカい蕁麻疹やら、自分でかき出さないといけないくらいの便秘やら、一般的な産後トラブルはもちろん、病院通いの日々です。

そんな中、血腫が悪化し出血したらしく診察に行ったらそのまま入院。膣を縦に切って血腫を取り除く手術をしました。

ちなみに目は眼球の中の毛細血管が切れた為に一時的に見えなくなったそうで、産後1カ月程で元に戻りました。

こんな人聞いたことないのですが、私だけなのでしょうか?

コメント

まこ

凄くお辛い経験をされたのですね。

どうお声かけすればいいのか正直分かりません。
私の知っている中でも、これほどの経験をされている人はいません。

出産って本当に色々ありますね。本当に命がけなんだと改めて知らされました。

私も妊娠自体は3回していますが、今まで出産までは1度も至っていません。
本当に命がけで、お母さんも赤ちゃんも無事に産まれて来れる事って奇跡なんだな、って思います。

これほどの経験をされ、子宮を全摘されて、まだまだお辛いかと思われますが、ドットM様とお子様はそのお辛い経験を乗り越え幸せになって頂きたいです。
偉そうな事を言ってすみません、不快に思われたらすみません。

  • ミルコップ

    ミルコップ


    確かにかける言葉が難しい内容ですよね(^^;)
    それでもお答え頂き本当にありがとうございます。嬉しいです!

    ネットで検索しても同じ人が誰もいなくて悩んでたんですが、1年経過して誰かに聞いてみたいなと言う気持ちに変化してきまして、今回質問させて頂いたところでした。

    ぽる様はもうお腹も大きくなられている様で、赤ちゃんも順調に育っているとお見受けします。二度もお辛い経験をなされていての今回赤ちゃんとのご対面、どんなに心待ちにしておられる事か、安産である事をお祈り致します。

    本当に出産は何が起こるかわからないです。私の投稿をご覧頂いてあんな事もあるんだな位の気持ちで出産に挑んで頂ければ幸いです。

    辛い経験には色んな形のありますが、そう言う経験をした人ほど、命の大切を知り我が子への愛情も人一倍にもなるものだと私は思います。
    子育ても嫌になる事があったり、辛くてイライラする事もありますが、その時に出産の時の事を思い出すと今こうしている事全てが幸せに思え頑張ろうと前向きになれます。

    まずは出産ですが、その後に待っている子育てもぽる様なら幸せを感じながらこなしていけるかと思います。

    出産までの数週間、どうぞ安静にご無理なさらずお過ごしください(^^)

    • 7月26日
  • まこ

    まこ

    お辛い経験をされた中で、私への気遣いまでありがとうございます。

    なんとか37wまで育ってくれました。ここまで色々あり、今朝まで入院をしており、やっと今日退院してきました。

    私の母が三女を妊娠中、5ヶ月で破水し、何とか臨月までお腹の中で赤ちゃんは持ったものの、常位胎盤早期剥離で約2ℓ?3ℓ?程出血、母の血液型がRH-ABという事もあり、病院に輸血のストックがなく大変だったそうです。また私達娘の血液型はRH+という事もあり、その後も色々あったそうですが、問題なく母も妹も退院でき生活しておりました。
    ですが、妹は5歳の時に事故で亡くなりました。

    あんなに元気だったのに、いきなりで、本当に何があるか分からないですよね…


    母は子供が好きで、私に早く孫に会いたいとよく言っていたのですが、私が流産や子宮外妊娠をしたりしてからは、赤ちゃんの事など一切話題にしなくなりました。
    今回私の妊娠は体外受精になります。ここまで来るのに本当に色々ありました。
    体外受精までしないとダメならもう止めておこうかな…とも思いました。
    止めどきが分からないと言われている方が多いからです。
    また、私自身子供が本当に欲しいのか分からなくなったからです。

    でも母に孫を見せてやりたい気持ちと旦那様が子供好きなので、赤ちゃんを抱かせてあげたいという思いで体外受精を行いました。
    何とか妊娠でき、今お腹の中で元気に動いている我が子は本当に愛しいです。早く会いたいです。

    今後の育児の事でも不安に思う事色々あります。あと出産を控えてるため正直本当に怖いです。
    入院中も色々な可能性を考えネットで調べては耐えれるか不安に思っていました。

    でも、ドットM様の言葉に勇気づけられました、本当に辛い経験には色んな形ありますよね、辛かった事を忘れずに乗り越え我が子に精一杯愛情をかけてあげようと思います!

    ドットM様も日々の育児大変だとは思いますが、お身体大事にして下さい。

    • 7月27日
  • ミルコップ

    ミルコップ

    ぽる様

    中々誰かに伝えるには呑み込んでしまう様なお話をして頂きありがとうございます。
    自分だけ辛い思いをしているのではないという事を改めて知らされました。救われた様な気持ちです。
    お母様は涙も枯れてしまうほどの思いだった事と想像致します。
    ただ、お母様はお二人の存在があったからこそ乗り越えられたのではないでしょうか。
    私の想像では計り知れないものだとは思いますが、、、

    努力してもなかなか結果が出ないと目標を見失いがちになりますが、赤ちゃんと会える日はもうすぐそこです。残り少ないマタニティライフを楽しんでくださいね(^-^)

    温かいお言葉をかけて頂き、いろいろお話できて今後も頑張って行こうと改めて思いました。この度はご回答頂き本当にありがとうございました。

    • 7月28日
rry

元大学病院産婦人科看護師です。
本当に本当に大変でしたね。
今このように前向きになられて生活をされていて安心します。

身近ではなかなかいませんが、大学病院へはドットMさんのような方がたくさん搬送されてきます。
血腫でショック状態に陥り、緊急オペ、輸血…等なる方は何人も見ました。
なのでドットMさんの質問に対する答えはNOで、ドットMさんだけではないはずです、が、、

特に、命を救うためとはいえ、子宮全摘は最終手段です。入院中には命が助かって良かったという思いの方が強い方が多いのですが、その後落ち着いた時に子宮がなくなった喪失感に苛まれるのだろうな、、と感じていました。
入院中しか関われない私たちは、退院後患者さんたちはどう感じながら生活しているのかを知る機会がなかったので、辛い経験を教えて頂き感謝です。
これからもその経験を活かし、幸せに過ごされること、願っています。
不快に思われた箇所があれば申し訳ございません。

  • ミルコップ

    ミルコップ

    nrc.vell様

    ご回答頂きありがとうございます。
    現場にいらした方の生のお声が聞けて嬉しいです。貴重なお言葉ありがとうございます。

    そうなんですね、そんなに沢山の方がいられるのですね。ちなみにですが、私の様に一度に色んな事がおこったかたはおられるのでしょうか?輸血や子宮摘出などは散々ネット調べて体験談なども読みあさったのですが、同時に血腫と視覚欠損、そして血腫の悪化で膣に穴が空いた人、、、です(^^;)

    簡潔に書いていたので、更に詳しい声ですと以下の事も含まれます。
    私は死が迫ってると思っていなくて、後からいろいろ知らされたので
    麻酔から目が覚めてから直ぐは生きてるとおもったのですが、直ぐに子供が産めない喪失感に襲われ、そして入院中は毎晩声が漏れない様、布団の中で泣いていました。
    退院してからも突然涙が流れる事はしょっちゅうで、家族の前では強がっていても心と頭のバランスが崩れていて、誰にも見られない所でいつも泣いていました。

    近所からはもう一人はと聞かれるし、人と会うのも億劫になりました。

    でも子供の成長を目の前で感じる事で、前向きにならなくてはいけないと少しずつ気持ちが変化していきました。

    出産での一連の出来事を隠そう隠そうとずっと思っていたのですが、最近知ってもらいたいお思うようになり、更に同じ人はいるのかという疑問の答えが欲しくなってきて、今回投稿に至りました。

    私の体験が誰かの役に少しでも立てたら良いなと思っています。

    ちなみに入院中は看護師さん達が普通に接してくれた事がとにかく有り難かったです。いつも元気でいる事も大変な事ですが、患者にとっては看護師さん達の元気な姿や笑顔がとても励みになります。


    もうすぐご出産とお見受けいたします。安産で元気な赤ちゃんとご対面出来ますようお祈り申し上げます。

    長々と失礼いたしました。

    • 7月28日
ぼんぼん1817

壮絶な経験をされたそうで、なんと言って良いか分かりませんが…。とにかく命が助かってよかったですね。お子さんもお母さんが生きていてくれて、本当に良かったと思います。

主様には到底及びませんが、私も出産時に子宮摘出して輸血もしました。
私は妊娠6ヶ月の時に全前置胎盤が発覚し、大学病院に転院となりました。
その後の検査で膀胱にも胎盤が穿通しており、膀胱も切除しなければならないということで初めから子宮は摘出する方向で手術に臨みました。

手術前には1ヶ月以上管理入院をしましたが、予定帝王切開の1週間前に陣痛が来てしまい即緊急手術となりました。
結果、膀胱と腸に少し子宮が癒着していたので、それを縫合して予定通り子宮は摘出しました。
予想の出血量は3、4リットルだったのですが、意外と少なくて3リットル弱でした。それでも念のため輸血はしてくれました。
手術後、子どもはNICUへ、私はICUに入りましたが、今は2人とも元気に生活しています。

それでもやっぱり今も貧血や蕁麻疹に悩まされたりしており、普通の出産よりも身体に負担がかかっていたんだろうなと思います😅
毎日暑いので、主様もご自愛くださいね。

  • ミルコップ

    ミルコップ

    ぼんぼん1817様

    お辛い体験をご投稿くださり、本当にありがとうございます。
    誰かに知られるという事はとても勇気がいる事ですし、まだ出産からもお日にち経っていないとお見受け致します。
    ご投稿にも悩まれたかと思いますが、同じくらい、いや、もしかしたら私のを上回るくらいのご体験だったのではないでしょうか。

    私もいろいろ調べ過ぎるくらい調べつくしましたが、ぽんぽん1817様の様な壮絶な体験の方を知ることができませんでした。ぽんぽん1817様もさぞかしモヤモヤした気持ちで日々を過ごされていたのではないでしょうか。

    こう言う辛い体験をされた方はきっとそう多くはないと思いますが、知られたくない方が殆どで、ネットで質問したり投稿する方が少ないのかなと思いました。

    今回ご投稿して頂いた事で、本当に私のえぐられていた心の穴が埋まりました。同じ様なと言ったら失礼かと思いますが、その様な方を知ることができ、この1年半ずっとモヤモヤしていた気持ちにも一区切り付けれました。

    辛い体験をした人達が話せる場があれば、救われる部分が少なくともあると思いますが、精神科に行くまでには至らないし、その様な集まりも知らないし本当に困っていました。

    ぽんぽん1817様は大手術だったと想像致します。まだ完全には身体が戻っていないと思いますし、出産と手術の身体への負担は相当なものかと思います。
    無理せずお過ごしくださいませ。

    ちなみに
    私は卵くらいの大きさの蕁麻疹が4個くらいできて、薬を飲んだりしていたので母乳も薬を飲む前に絞ったりしていました。
    確か3.4ヶ月くらいで蕁麻疹は治ったと思います。ぽんぽん1817様もだんだんと輸血した血も自分の血に変化していくので時間の経過と共に治って来るかと思います。


    それと私は別の件ですが膀胱の手術もうけておりまして、何だか不思議なご縁を感じました。


    本当に今回ご投稿には勇気と希望を貰えました。きっと私だけではなく、同じ様な方がこちらを拝見されている事と思いますし、これから沢山の方ご覧になられるかと思います。
    そう言う方達にも間違いなく支えとなると思います。

    ぽんぽん1817様のご投稿に感謝致します。

    長々と失礼致しました。本当にありがとうございました。

    • 7月30日
yuuuuuu

はじめまして

わたしもつい10日ほど前出産時に大量に出血し子宮全摘をしました。

32週の時から何度か出血があり病院に入院、張り止めの点滴を37週0日までしていました。出血の原因が胎盤の端の方からではないかとと言われていて、色々検査をした結果帝王切開ではなく、自然分娩で出産という方針になりました。

37週に入り点滴をやめ、落ちついてたら退院の予定でしたが陣痛がはじまりそのまま出産しました。
出産自体は2時間弱と短かったのですが、陣痛中人の顔が歪んで見え、出産後も我が子の顔がボヤけて見えたのをよく覚えてます。

その後出血が止まらず、3.8リットル出血し止血できなかったため子宮全摘になりました。意識はあり子宮全摘をしたくないおもいと、このまま死んでしまうのかという恐怖、まるでドラマのようで怖かったです。
手術中も3リットル出血しましたが一命はとりとめましたが、現実を受け入れません。
入院生活も妊娠中からと長く、つらい妊婦生活でした。命が助かってよかったと思いつつ
帝王切開だと出血しなかったのではないか?と思ってしまったり心の整理がつきません。出血の原因もはっきりせずずっとモヤモヤしてます💦

いつかこんなこともあったなと話せるといいなと思ってます。

  • ミルコップ

    ミルコップ


    お辛い経験をお話しくださり、本当にありがとうございます。勇気ある投稿に感謝致します。

    長くなりますので分けて投稿させて頂きます。
    私の経験で少しでも心が楽になればと思います。お付き合い下さい。

    私もちょっと違うんですが、悪阻が出産するまで続いていたのと、常に背中に激痛がありました。定期検診だけで、特に入院する事もなかったのですが、何か関係していたのかもと思ったりもします。未だに出血の原因が判明していないので、真相は分かりませんが、、、

    そして2時間弱の出産と、視界が歪むと言う点
    経膣出産、出血、子宮全摘とどれもこれも似ていてビックリしました。同じ方がいる!と何とも救われた気持ちになりました。(言い方悪かったり、気分害されたらすみません。)今までどれくらい検索したか分からないくらい調べましたが同じ方が誰もいなかったので、、、

    産まれた赤ちゃんが見れないなんて、しかももう産めないのに奇跡の一瞬一瞬を見逃した事が未だに悔しくて仕方ないです。しかもその後に出血して救急搬送されるなんて思っていなかったので写真もろくに撮っていなくて、あるのは数枚と助産師さんが撮ってくれた酸素マスク付けた私と赤ちゃんのツーショットだけです(;o;)

    私の場合、里帰りで旦那は仕事で来れず、私が末っ子って事でか知らないですが、両親も付き添いしないと言って、一人で出産する予定でした。最終的には母親だけ付き添いましたが。
    だからもし、自分が意識無くなっていて母親もいなかったら同意書のサインも遅れて死んでいたかもしれません。
    大学病院もたまたま大きな手術が終わった後だったので、いろんな科の先生が揃っていたのでできた手術だったらしく、あと10分遅かったらみんな帰っていたので間に合わなかったと言われました。今考えると奇跡と奇跡の重なりだったのだなと、命の大切さを考えさせられます。

    続きます。

    • 9月22日
  • ミルコップ

    ミルコップ


    私もICUで目が覚めて目が覚めた瞬間は生きてると思ったのですが、暫くすると涙が溢れてきました。人工呼吸器もついていたし、手足も縛られていたので涙を吹くことさえできず。どのくらい経ったの人工呼吸器がはずれ、それから何時間か経って旦那が来てくれたんですが、人工呼吸器のせいで喉が荒れていて言葉がうまく発する事が出来ない中で、凄く小さくかすれたか声で「もう赤ちゃん産めない」って泣きながら話したことを覚えています。

    それから入院生活が続き、赤ちゃんは産まれた産院にいて離れ離れで、毎日毎日勝手に涙が溢れてきました。人前では泣きたくなかったので、寝たふりしたり、夜中は布団かぶって声が漏れないように泣いていました。

    母乳は凄く出が良く、搾乳しては冷凍の繰り返しでした。早く赤ちゃんに初乳をあげたかったのですが、自分の身体を自分でコントロールできないと赤ちゃんのお世話はできないから、まだ赤ちゃんは転院させられないと説明をうけました。自分の身体を第一に考えて欲しいとのことでした。起き上がることはもちろん、寝返りさえままならない状況でしたが、赤ちゃんに会いたいという一心で毎日ちょっとずつでも動く様にしました。
    担当の医師もビックリするくらいの回復で一週間したくらいで赤ちゃんを転院してもらう事ができました。

    ですが、お股にはまだ血腫があったり
    お股の両サイドが腫れて男性のタマタマの様になってるしで不安はまだまだありました。
    でも生きてて、我が子を抱っこしおっぱいをあげられるという事にとても幸せを感じる事ができました。
    ただこの子にはもう妹や弟を産んであげられないんだなと申し訳ない気持ちも同時に生まれ、いろんな葛藤で頭も心も整理がつかずまだまだ現実が受け止められませんでした。

    続きます。

    • 9月22日
  • ミルコップ

    ミルコップ


    退院してからは、蕁麻疹やら、酷すぎる便秘やら、自分の事子どもの事でそれぞれの病院を何度も受診しました。血腫も当初は水が溜まっていると言われたのですが、よくよく調べると血腫で、血腫が悪化して膣壁に穴があき、ある日パンツに血がついていたので病院に行ったらそのまま入院になってしまい、また手術と入院生活が始まりました。母乳がかなり出ていたので、手術が終わって痛み止めを打って寝ていたのですが、起きたら入院着が溢れた母乳でびしょ濡れで、すぐ赤ちゃんを連れてこられて授乳しましょうと言われたのですが、膣を縦に5cmくらい切っているので起き上がるのも激痛の中、ベッドを立てて泣く泣く授乳しました。

    その後は10日くらいで退院したと思います。

    出産直後多量の出血で輸血もしていたので、出産前の期間も合わせると、半年は自宅に戻れませんでした。

    細かく話せばまだまだあるのですが、、、

    yuuuuuuさんは7リットル弱の出血だった様ですが、やはり自分で血を固める事も出来ず流れっぱなしだったのでしょうか。私はその状態でお股から血が流れていく感覚が搬送されている間ずっとありました。
    人間6リットル出血で死に至ると聞きますが、yuuuuuuさんは7リットル近くも出血があったのに意思があったのですね!母体と言うものは本当に奇跡の塊ですね!当事者になると意外と冷静だったりしますが、やはり後から恐怖が襲いかかってきたのでしょうか。

    私も暫く現実を受け入れられませんでした。ネットでカウンセリングや同じ方など探す日々でしたが全く見当たらず。
    そんな中で家族と言う存在にとても助けられました。
    普通に接してくれている事が何よりも嬉しく、そばにいる赤ちゃんを守らなくてはという気持ちが日々のモチベーションを維持させてくれていたのかなと思います。

    続きます。

    • 9月22日
  • ミルコップ

    ミルコップ


    何ヶ月かして、自分の心に余裕ができてから自分の兄姉や旦那の姉妹とやっと連絡する事ができ、その時はみんな泣いて喜んでくれました。お互い泣きながら電話したのを覚えています。
    本当に無事で良かったと何度も言われました。

    私自身もこの経験があり、今まで以上に家族の大切さ、また大切にして行こうと思えるようになりました。

    当時から今現在までの悩みというか心に引っかかっている事は、今後ママ友や幼稚園などに通い始めるにあたり、2人目は?とか次はどうするの?とか聞かれた時に、自分の心をどう保とうか、どう返答するかと言う事です。
    聞く方も悪気はないし、自分も友達とか、親族にもよく聞いていたなと反省してます。

    今のところは子宮全摘は言いたくないので、出産の時出血凄くて次ダメかもと言うと、大体の人はそこで話を変えてくれます。

    あと、未だにどうにか兄妹を作ってあげたいと諦めきれません。
    精子バンクとか、他人の子の妊娠が認められているのに、我が子の妊娠、代理母出産が日本では認められていない事。海外でできたとしても莫大な費用と戸籍の問題と、もちろん自分がこんな出産だっただけに代理母と言うのも矛盾してるんですが、なぜ?なぜ?と思う事ばかりです。

    今あるこの命と授かった命と旦那と3人で暮らしていけるだけでも恵まれていると言い聞かせています。

    長々と書いてしまいましたが、私と同じ経験をなさった方に巡り会えて心が救われる思いです。
    今までいろいろ調べて、調べて、調べまくりましたが、誰も同じ方がおらず一人でこの苦しみを抱え込む事が辛くなり、一年程して隠していたいと言う思いより、誰かに知ってもらって同じ気持ちの方がいたら辛さを共有し、また少しでも何か助けになればと思うようになり投稿しました。

    グッドアンサーを付けると、今後同じ思いをなれた方が投稿し辛くなるかなと思い付けずにいました。

    なので今回ご投稿頂いた事にとても感謝しております。

    今後もこの場が同じ思いをなさった方の共有の場になればと思っています。

    カウンセリングは行った事が一度もないのですが、良くテレビで観る同じ辛い経験をした人達が輪になって自分の経験を話すって言うのを見た事があります。
    今、自分が当事者になり始めてその意味がわかった気がします。

    お返事長くなり、大変失礼致しました。
    最後までお読み頂きありがとうございました。

    • 9月22日
  • yuuuuuu

    yuuuuuu

    お返事ありがとうございます。
    ほんとに状況がよく似ていますね。
    赤ちゃんが産まれた産院で離れ離れで辛かったと思います。また最初のご出産でほんとにこわい体験をされていたと思うと心が痛いです。もしお気を悪くされたらすみません。

    わたしの場合ですが第一子妊娠前から脳下垂体腺腫という脳の下垂体に良性の腫瘍があり、そこからプロラクチンというホルモンが多くでる持病がありました。生理不順、夫も検査するとあまり結果がよくなく、薬やタイミングで2人とも授かりました。

    下垂体腺腫のため第一子妊娠時点で地域で有名な産院では出産を断られ、総合病院(総合周産期母子医療センター)内分泌科と産婦人科併用しながらの検診でした。
    一人目の時は予定日より1日遅れ,16時間半出産に時間がかかり、途中赤ちゃんの心拍が下がり緊急帝王切開になりかけましたが自然分娩で出産、出血量の中量で多くなかったです。
    産後胎盤を出して分かったことですが、胎盤の端に血腫がありそこが少し剥がれて心拍が下がったのかもしれないと言われました。

    続きます。

    • 9月23日
  • yuuuuuu

    yuuuuuu

    今回の出産は32週で突然の出血からはじまり、また産休前で何も準備ができてない状況での入院、上の子のことも気になりほんとにつらい入院生活でした。また上の子は義母に任せっきりでしたので色々申し訳なかったです。
    入院中MRIを撮ったり色々検査をしていただきました。
    MRIを見る限り大きな血腫はなく、おそらく胎盤の端からの出血だろうとのことでした。また胎盤も許容範囲内ですが少し下の方にあったようですが、先生方のカンファレンスの結果、点滴を37週までして自然分娩ということになりました。
    いざ陣痛がはじまるとあれよあれよという間に子宮口8センチ、先生、助産師さんの顔が歪んでムンクの叫びのように見えました。
    出産後子宮の収縮が早くバールンを入れてもはまらず、ガーゼを入れても出血はおさまらず全摘。出血がドバッと流れる感覚は少しありました。
    産婦人科の先生4人に救急の先生2人と沢山の先生がきて手術室に入り麻酔をかけられる直前まで意識はありました。
    続きます。

    • 9月23日
  • yuuuuuu

    yuuuuuu

    目がさめるとICUにいました。
    家族は一旦帰ってたようで、切迫で入院してたときの先生がきて涙がでてきました。

    仕方ないとは分かっていても涙が止まりませんでした。
    わたしの場合は最初から総合病院にかかっていたこと、総合周産期母子医療センターだったため母子離れ離れということはなく、ドットMさんはほんとにお辛かったと思います。
    母乳の出はすごくいいわけではなかったですが分泌してくれました。

    入院中血液検査をした時の血液をかためる成分に関しては問題のない値でしたが、出産時はサラサラしていてその時の採血の値も血液をかためる成分が少なかったようです。
    子宮も病理に出し、今後何かあったときのため血液検査をして調べていく予定です。
    出産が早すぎていろんな血管が切れてしまったのか、血液をかためる成分が少なくなったため止血できなかったのかは分かりませんが子宮は戻ってきません。
    ただ手術した先生からは、もし仮に子宮が残っていても次の妊娠はかなりリスクがあるため避妊をしなければならないと言われました。また帝王切開でも大量出血してた可能性もあったとのことでした。
    続きます。

    • 9月23日
  • yuuuuuu

    yuuuuuu

    わたしのように事前に検査をしていても分からないことは多く、また第一子出産時には出血が多くなかったので原因がはっきり分かりませんが先生が言うには
    出産というのは命がけで、まだまだ解明されてない部分もあるようです。
    わたしが出産した病院では色んな病院から搬送されるのもあるからか年に2,3件あるそうです。
    手術をしてくださった先生が「まだ若いし、子宮を残したかった。でもお母さんには子育てをしてもらわなきゃいけない。だから命を最優先しました。たまたまうちの病院を選んでくれて、入院してたから助かった。運がよかった。大切にお子さんを育ててください。」と言われました。
    助産師さんからも「お母さんが無事でこうして授乳できてよかった。命があってよかった」と言われ救われました。
    職場には報告しなければいけなくて、最低限の人に報告しました。
    友人には仲のいい友人にのみ出血が多くて大変だった、生まれたことだけ報告をしました。

    知っているのは旦那と実母、義両親、職場の一部の人のみでわたしの兄弟にはまだ話してません。
    上の子の保育園の送り迎えは出来るだけ家族にお願いしてます。知り合いに会うのはまだつはいです。
    この先次の子は?と聞かれたら
    前回出血が多くリスクがかなりあるから考えてないと答えるつもりです。

    切迫から入院していたものですから、退院時は切迫のときの担当の助産師さんがきてくれ一緒に泣いてくれました。
    たくさんの先生、たくさんの助産師さんにお世話になり助かった命です。
    大切にしていこうと思います。

    子宮は無くなってしまったけど、引き換えに赤ちゃんとわたしの命は助かりました。
    子どもに恵まれない人や病気で全摘された方、みえないけど色んな葛藤の中頑張ってるんだと思うとわたしの悩みなんてちっぽけかもしれません。

    長くなりましたが、返信していただき
    ありがとうございます。
    きっとモヤモヤは続きますが、周りに助けてもらいカウセリングも受けようと思っています。

    • 9月23日
  • yuuuuuu

    yuuuuuu

    わたしは子どもができれば3人欲しかったのでこの喪失感は消えないと思います。ドットMさんに比べたらほんとに贅沢な悩みですよね。不快にさせたら申し訳ありません。
    一年後に社会復帰できるのか不安です。
    保育園に行くのも辛いです。
    ただドットMさんが幸せに過ごされることを願ってます。

    わたしも同じような経験をされた方がいて、心強いです。
    不快に思われた箇所があれば申し訳ありません。 ありがとうございました。

    • 9月23日
  • ミルコップ

    ミルコップ


    家事、育児とお忙しい中時間を割いて頂き
    またとても丁寧にお返事くださりありがとうございます。

    辛い事は少しずつ脳から排除していくのか、はたまた私が初産でいろんな事が起きすぎてパニック状態だったのか、1年半ほど前の事なのに忘れかけていた事があり、読んでいくうちに、そう、そう、そうだった!と思い出す所が多々ありました。
    また、点と点で途切れていた疑問が結びつきモヤモヤが解消された事もありました!

    yuuuuuuはんは持病をお持ちの中、出産される決断をされた事本当に素晴らしいと思いました。
    1人目の出産のご様子から、2人目の出産をご決断なされた時、少なからず不安はあったかと思います。それでも産む決断をなされ、本当に勇気をお持ちの方なんだなと母である強さを感じました。

    yuuuuuuさんの様に万全の体制(病院側が)で出産に臨まれても、この様な症例の出産の場合でも全てを良い状態で終える事は難しいんだなと思いました。
    何を犠牲にして、何を優先するか究極の選択を迫られた時に、やはり今ある命が最優先なんだと
    読んでいて納得させられました。

    yuuuuuuさんも私もまだ子供が欲しかったと言う事に、違いはありません。

    次を望めない悲しい気持ちもあれば、子供を授かる事が出来た喜びもあり、どこに自分の気持ちを収めたら良いのかわからないですよね。
    私は今も心が宙ぶらりんです。

    当初は、家族が観てたお笑い番組も、会話の中で生まれる冗談も、正直何が面白いの?全然わらえないわって思う程、心が崩壊していました。おっぱい飲ませながら泣いたり、ご飯食べてる時に勝手に涙が出て来たり、涙腺も壊れてました。

    でも少しずつですが、前向きに考えられる様になり、今は普通に冗談言い合って笑える様にまでなりました。
    もちろん完全に戻ったわけではないですし、兄弟、姉妹の子連れの家族など目にすると、なんで私は、、、と常に思いますが。


    ただ、時間が解決してくれる事もありますし、こうやってyuuuuuuさんの様な方が現れて、心の痛みを共有し、和らげてくれる出会いもあります。

    子供の成長が一つ一つ目に見えてくる様になった頃、泣いて暗いママより、笑っていて面白くて明るいママの方が子供は絶対いいに決まってると考える様にもなりました。


    yuuuuuuさんもカウセリングを受けたり、ご家族の協力で、ゆっくりご自分のペースで心の軌道修正ができますよう願っております。

    文章力があまりなく、内容がうまくまとまらず読みにくかったと思いますが
    お付き合い頂きありがとうございました。
    また、ご気分を害される部分がありましたら申し訳ありません。

    yuuuuuuさんとのこのやり取りが、同じ思いをされた方の目に留まり、少しでもお役に立てたらと思います。

    本当にありがとうございました!

    • 9月24日
  • yuuuuuu

    yuuuuuu

    コメントありがとうございます。

    ふいに不安定になり
    わたしも涙が止まらないことがあります。まだまだ不安定になることがあっあり、まわりがいろんな情報を聞くと辛くなることがありコメントしてしまいました。

    同じように5リットルくらい出血した人でも子宮を温存できた人がいると人から聞いて落ち込んでしまったり。
    妊婦さんをみるとおめでとうと思う気持ちともう自分は何をしても妊娠することはないんだと思うと、なんとも言えない気持ちになります。
    こんなこと考える自分も嫌です。


    なんであの時子宮全摘するのを拒否しなかったんだろう。夫になんで承諾したの?と思ってしまったり、、、ただうなずくことしかできなかった自分に後悔してます。
    入院期間も長く切迫のときから頑張ってたのに、なんでわたしこうなったんだろうと思ってみたり


    ただ主治医の先生からは足の付け根からカテーテルを入れて止血する方法もあったけど、出血量が多く時間がかかるためできなかったと聞いているので、きっと摘出してなかったら命は助からなかったと思います。温存できても3人目はストップがかかってたわけなので、仕方ないとは思いますがふいに涙が出てきます。緊急を要してましたから自分でもよくわからないままにことが進んでしまったのでわかっていてもつらくなります。

    もう産婦人科に行くこともなくなるのかなと思うとなんだかさみしいです。
    頭の中を整理してますが、主治医にもう一度思っていること聞いてみようと思います。

    ここ何日か子どもが欲しかったのに卵巣を摘出したとか
    流産してしまったとか
    そんな話を直接の知り合いではないのですが人づてに聞くことがありました。みんな言わないだけで色々あるんだなと。。。
    状況は全く違いますが自分と重ねて悲しくなってしまったり
    時間が少しずつ傷を薄れさせてくれるのかなと思いますが、どこかでモヤモヤは続くのかなとか

    子宮温存にこだわり生まれたばかりの赤ちゃんを残して亡くなるより、今いる子どもを大切にしなきゃいけないと思うようにしようと。わたしの選択は間違ってなかったと。命のほうが大事だと。そう思うようにしても今はつらいです。

    でもいつかそう思える日がくるといいなと思ってます。


    命を助けてくれた先生方や励ましてくれた助産師さんたちに感謝し、前に進めたらと思います。

    不快にさせる部分があればすみません。

    ありがとうございました。

    • 10月7日
  • ミルコップ

    ミルコップ


    辛くなった時はいつでもここに吐き出してください。
    私がここに投稿したのもそれが一つの目的でもありますから、遠慮なく言いたい事を言いたい時に言ってください。

    私も1年くらいは、何気ない日常を送っているのに所かまわず涙が勝手に流れて来ました。
    掃除してる時、ご飯作ってる時、運転してる時、スーパーで買い物してる時、お風呂に入ってる時、トイレしてる時、テレビ観てる時。

    誰もいなければそのまま泣いていましたが、まだ里帰り中で親が横にいる時や、自宅に戻ってきて旦那がいる時などは堪えるか、トイレに行って涙を止めていました。

    支えていてくれる家族に余計な心配をかけたくなかったし、涙を流した私を不憫に思い私以上に悲しくさせてしまうのが嫌だったからです。

    次は?と聞かれるのが嫌で、周りとの接触も極力避け地元の友達には子供が産まれた事を未だに話していません。

    yuuuuuuさんの様に私も周りの方で出産時に大変だった事など聞く機会もなくはなかったのですが、やはり自分と全く同じ人が見当たらず、心を共有し合えたり、体験した事を言い合える人がいなかったので、どこに気持ちをぶつけたら良いのかわからず耐えて耐えて耐える日々を過ごしました。

    スーパーなどは絶対行かなくてはいけないので、その度に兄弟、姉妹連れの親子を見かけては涙が込み上げてきました。
    どうして私は、何で?何であんな風になったの?何か悪いことした?なんで私だけ?っていつもいつも思いました。

    でもそれと同じくらいに、今生きていて我が子を抱く事ができ、旦那とも触れ合える事ができ、家族を作れたと言う喜びもありました。
    あの時死んでいたらこんな幸せな瞬間を味わえなかったと。
    毎日、毎日成長していく我が子と一緒に笑ったり怒ったり、写真に納めていく事も、子育てに悩む事もできなかったんだと。

    その辛い気持ちと喜びの気持ちが、日が経つ毎に半々になり、70%、80%と喜びの気持ちの方が段々と上回って行きました。

    もちろん完全に辛い気持ちが消えるわけではありません。
    未だに小さな兄弟、姉妹を見かけると辛い気持ちが込み上げてきます。
    どうにか子供を作れないか、兄弟姉妹が子供を産んで養子にくれないか、代理母出産する為にサポートしてくれる団体はないか、子宮移植はいつになったらできるんだなど無謀過ぎる考えが時々頭をよぎります。

    考えても考えても未だに答えは出ません。
    悔しくて、辛くて、悲しくて、どんなに苦しんでももう次は望めないのだと最後には思い知らされます。

    でも、辛い思いをした分、生かされた命で家族に精一杯の愛情を注げる事も確かだし、どの家族よりも幸せになるんだって気持ちを持てた事も事実です。

    毎日毎日葛藤しながら前に進んできました。1年半くらい経ちましたが、もう泣く事はなくなりました。

    yuuuuuuさんは葛藤の日々の中にあるかと思います。悔しくて、辛くて、悲しくて、苦しくてどうしようもないと思います。
    泣きたい時は泣いていいのです。辛くなったらここで何でも言ってください。

    時間と共に、心の波は確実に穏やかになってきいます。
    今は普通だったのに次の瞬間には凄く落ち込んだり、そしてまた次の瞬間には悔しさが込み上げてきたりと、その波に自分の気持ちが追いついていけなくて、心が崩壊してしまいそうになるかと思います。
    でもそれは永遠には続きません。ある時ふとスイッチが入れ替わる時が必ずやってきます。


    yuuuuuuさんが言うように、納得するまで先生とお話するのも良いかと思います。
    良いカウンセリングは見つかりましたか?
    頼れるところは頼って、自分に合ったやり方やペースで前に進んで行くのが望ましかと思います。

    大切な家族と共に素敵な未来が訪れる事を願っております。

    文章がまとまりなく読みにくい事、また不快な部分がありましたらすみません。

    長文になりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。

    • 10月9日

「妊娠・出産」に関する質問