※本ページは一般のユーザーの投稿により成り立っており、当社が医学的・科学的根拠を担保するものではありません。ご理解の上、ご活用ください。
724jr
お仕事

弁護士、会計士、税理士などの資格専門職にお勤めの旦那様をお持ちの奥…

弁護士、会計士、税理士などの資格専門職にお勤めの旦那様をお持ちの奥様に質問です。

主人がその職に就いており、事務所ではなく法人に勤務しております。
資格取得してから、帰りは早くても11時前、月最低1回は土曜出勤、繁忙期は終電もしくは職場宿泊で毎週土曜出勤になります。
正直、職場を替えてほしいと思ってしまっています...旦那の体調ももちろんですが、私も育休明ければ保育園の送迎や子供の面倒は最低限見て欲しいですし、子供との交流の時間をもっと取ってほしいとも思ってます😭💦💦

主人は職場を5年に2回替えておるのですが(1回目は引越しのため、2回目は個人事務所から法人へ)一般企業勤務の私からするとそんなに職場替えるのをマイナスに捉えてしまっています😢
専門職では職場を変えるのはあまりマイナスではないのでしょうか?
また、法人勤務ですとやはりこの勤務状態は一般的なんでしょうか😭
(旦那は個人事務所より法人を希望しておりここは譲れないそうです😭💦)

  • 724jr(生後8ヶ月)

コメント

るこるこ

るこるこ

旦那が税理士です。
主人も税理士法人勤務ですが本当に忙しく、うちは毎日帰りが遅いのは同じですし、土曜日はほぼ毎週出勤、付き合いのゴルフや飲み会も多いです。共働きなので、保育園の送りだけ、お願いして後の家事育児はワンオペでこなしています。主人は今の職場に満足しているので私は転職しろとは言いませんが身体が心配です。

  • 11月16日
  • 724jr

    724jr

    コメントありがとうございます😭💕
    やはり皆さん同じ状況なんですね😢💦
    主人はまだ勤続が短い為、来年から同じように毎週土曜出勤がはいるみたいです💔
    主人のお知り合いの勤務法人はまだましみたいで、それなら子供との時間も作りたいしで2人で悩んでます😢💦
    体調も心配ですよね😣早速健康診断で引っかかってて...😱
    貴重なご意見ありがとうございました😣✨

    • 11月17日
  • るこるこ

    るこるこ

    うちの子はパパと接する時間がなくて一時期は何でもママ!でしたが、いつのまにかパパも大好きになり、休日3人の時間は貴重なので今日は3人なの?と大喜びです。3人の週末は毎度動物園や水族館など、娘のリクエストで遠出しており、お金が飛んで行きますが(笑)貴重な分濃密な時間というのもあり!そして、パパが珍しいのでパパがいるときはパパと遊びーと任せて私は1人時間もゲットしたりしています。

    • 11月17日
おでこ

おでこ

旦那が司法書士法人と不動産を経営してるものです。
資格業なので、ある程度の転職は問題ないかと思います。
ただ、専門職が故に繁忙期というものはどうしても忙しいのが当たり前です。
お見受けすると、確かに少し帰りが遅いかなとは思いますが、休日はそんなものなのかなと思います。
ご主人が一番ご存知だと思いますが、資格業は狭い世界です。ここの大手事務所は楽だけど給料が安いとか、そういう情報はある程度知識として持ってらっしゃるのでは?
奥様のご意見も、女の立場から考えるとわかりますが、男は一生働かないといけません。本人が夢を持ち、前向きに働いていることが私は一番大事なんじゃないかと思いますよ。

  • 11月16日
  • 724jr

    724jr

    コメントありがとうございます😊
    一般的な勤務形態なんですかね😭
    主人のお知り合いの勤務法人はまだ勤務形態がゆるやかなところもあり、本人自身も、このままでいいのか、一般的にはどうなんだと悩んでいます😂💦その資格職に対しての夢はありますが、それが今の職場でなくてもという葛藤もあるためこちらで他の方はどうなのか質問した次第です🙇‍♀️
    職場を替えるのがどうなのかは私の個人的興味なのでクリアになりました✨
    ただ、私も今後も働きたい身ですので女の立場や男は〜などのお言葉は個人差あるので少し引っかかってしまいました😅私も仕事に夢を持ってます...
    要はお互い仕事とプライベートの均衡が取れるにはどうしたらいいのかを悩んでました。
    なんかすいません...

    • 11月17日
ぴこ

ぴこ

旦那さんは、弁護士か税理士でしょうか??そうでしたら、将来は開業を視野にいれて、色んな職場を知るため転職は悪くないと思います。
もし、会計士なら、監査は監査法人しか出来ないので、旦那さんが税理士業じゃなく監査をしたいのであれば、一生法人勤務を希望されるかもしれません。

  • 11月17日