※本ページは一般のユーザーの投稿により成り立っており、当社が医学的・科学的根拠を担保するものではありません。ご理解の上、ご活用ください。
のん
お金・保険

同じ敷地内に本宅と離れがある場合、地震保険を二棟にかけようとしてい…

同じ敷地内に本宅と離れがある場合、地震保険を二棟にかけようとしています。
火災保険は本宅分、離れ分と二本あります。
それぞれに地震保険をつけようとしたら、二棟で5000万までしかかけられないとのこと。
パンフレットなどには、建物一棟につき上限5000万までとなっています。
それならば、本宅にも離れにも5000万ずつの地震保険つけられないのでしょうか?
二棟の建物の合計保険金額の50%は、ゆうに5000万を超えます。

マンション一棟の場合は全部で5000万までなのはわかります。

コメント

いちご姫

それなら別々の保険会社でそれぞれ掛ければいいと思います☺️

  • のん

    のん

    ダメだって言われました💦
    火災保険を別の会社にすることはできますが、実際地震になっても5000万までしかでないので保険料捨てることになると💦

    • 1月27日
ひろママ

同一敷地内で、被保険者が同一の場合は、合算して5000万円までが限度になります💦

ただし、建物ごとに世帯が別の場合は、それぞれ限度5000万円で地震保険の契約が可能です😊

  • のん

    のん

    本宅は一人の名義、離れは本宅と同じ名義人+2人の共有名義です。
    実際に住んでいるのは、一世帯です💦

    • 1月27日
  • ひろママ

    ひろママ

    世帯が1つであれば、合算して5000万円が限度ですね😅

    地震保険は、政府と保険会社が共同で運営していて、大規模地震の際の保険金総支払限度額が決まっているため、各契約の限度額設定においては、細かく規定されています💦

    • 1月28日
  • のん

    のん

    説明通り難しいんですね。
    今回の場合、本宅4000万、離れ1000万みたいに個人の考えで割り振っていいんでしょうか?
    本宅は保険金額の半額でも5000万超えていて、別宅は2000万くらいまで本来かけられます。

    • 1月28日
  • ひろママ

    ひろママ

    それぞれの火災保険の保険金額からみて設定可能な金額であれば、ご自身で自由に設定可能かと思います😊

    ただ、地震保険は専用住宅または併用住宅のみ掛けられる保険になりますので、もし別宅はお仕事のみにしようされている(事務所)などであれば、そもそも地震保険には加入出来ませんので、ご注意ください✨

    • 1月28日
  • のん

    のん

    離れは離れで、事務所はまた別に建ってます😂
    事務所には地震保険かけられないのは理解しています。
    なので、本当にただの離れなんです💦
    独立した子供がたまに泊まったりはしますが、敷地内に家が二つある状態ですね😅

    • 1月28日
  • ひろママ

    ひろママ

    そういったご事情であれば、やはり合算して5000万円以内で設定されるしかないですね💦

    地震保険は、地震の際、より多くの被災者の生活を安定させることを目的としていますので、仕方がないかなと思います😌

    • 1月28日
  • のん

    のん

    その一方で、別の県にある別宅には満額で地震保険つけられたんですよね💦
    実際、地震で倒壊してもこちらは生活が不安定にはならないのですが😓

    多分家財も同様なんでしょうね💦

    • 1月28日
  • ひろママ

    ひろママ

    回答場所間違えました💦下をご確認ください💦

    • 1月28日
  • のん

    のん

    ありがとうございます。
    保険会社の方が、敷地と建物実際に確認して説明に来てくださるみたいですが、結果は厳しそうですね😂
    パンフレットにも同一敷地内で合計5000万までと書いてくれればいいのに😅
    パンフレット読むと、それぞれ建物保険金の半額までかけられるようなイメージを持ちます。
    保険の申込書には、地震保険付きプランは5000万って出てるのでそれはもうそうなんだろうなと思いますが。

    再建の足しにはなりませんが、やっぱり地震大国なので満額でかけおいたほうが良さそうですね。

    • 1月28日
  • のん

    のん

    逆に本宅にある家財は、老夫婦とその子供の家族で二世帯と考えて2000万になるのでしょうか??

    • 1月28日
ひろママ

別の県の別宅は、同一敷地内ではないので、地震保険は5000万円まで設定可能です。
家財も、限度額は異なりますが同様です。