※本ページは一般のユーザーの投稿により成り立っており、当社が医学的・科学的根拠を担保するものではありません。ご理解の上、ご活用ください。
ママ
妊娠・出産

新型出生前診断を受けた方見えますか?私は高齢出産の為今日医師にどーす…

新型出生前診断を受けた方見えますか?
私は高齢出産の為今日医師にどーする?と聞かれました。
羊水検査は流産のリスクもある事や血清マーカーはあまり当てにはならないとの事で新型出生前診断を受けようかとても悩んでます。新型出生前診断を受ける場合は今週中に返事を出さなくちゃいけなくて💦
高齢出産の方なにかを受けましたか?

コメント

マリ

私はかなり高齢で初産だったのもあって新型出生前診断受けましたよ💦お金はかなり掛かりましたが受けて良かったと思ってます😊

  • ママ

    ママ

    新型出生前診断は何をやるのかわからなくてもし具体的に分かれば教えて欲しいです。
    例えば羊水検査もするとか…。
    よろしくおねがいします🤲

    • 8月16日
  • マリ

    マリ

    遅くなりすみません😥
    新型出生前検査では先ず実施している病院(大学病院など)の初診を受けます。その時にNIPTを受けたいことを伝えます。その時に改めて遺伝カウンセリングとNIPTの予約を取ります。夫婦揃って遺伝カウンセリングを受けます。夫婦が両方ともNIPTに同意すると血液を少し採取します(これが新出生前検査をするための採血になります)10〜14日後に検査結果を聞くための予約をしてその日は終わりです。10〜14日後に夫婦で(この時は旦那さんは居なくても良いそうですが)結果を聞きに行きます。
    その時に確定診断の羊水検査をするかどうか聞かれます。私の場合は99.2%の確率で陰性だと診断されたので羊水検査は受けませんでした。
    新型出生前検査では13番・18番・21番の染色体の異常しか分からなく、それでいてかなり高額になります。羊水検査をする場合も全て込みで私の場合約23万くらい掛かりました。遺伝カウンセリングでは高確率で上記3つの染色体異常は分かるけど、その他の染色体異常や先天性の疾患は分からないこと。夫婦が子供についてどれだけ考えているか、13・18・21染色体異常として生まれてきた時の平均寿命やサポートなど沢山のお話が聞けました。私たち夫婦は検査結果の出る2週間で今まで以上に真剣に話し合いをたくさんしました。13・18番の染色体異常だと長く生きられないことが多い、でも21番染色体異常なら平均60歳くらいまで生きられる…。

    受ける前は異常があれば堕胎することを決めて検査をしたのですが(それも私たち夫婦の年齢や経済的なこと、周りの環境など考え決めたことです)その2週間の間に考えが変わり、もし染色体異常があったとしても産むことを決め結果を聞きに行きました。障害があっても産むと決めて結果を聞きに言ったのに、「陰性です。この確率なら羊水検査を受けなくても良いと思います」と言われた時はホッとしたことを覚えています。新型出生前検査や他の出生前診断など賛否両論あると思いますし、障害を持つお子さんのいらっしゃる親御さんからすると私は非難されるだろうとは思います。ですが各家庭それぞれの考え方や生き方があるので私は新型出生前検査を受けたことを後悔はしていません。ママさんも旦那さんと良く話し合われてみた方が良いと思いますよ😊

    • 8月16日
  • ママ

    ママ

    詳しく教えていただきありがとうございます😊
    夫婦で話合っていますがお互いがやろうと思ってる検査が違って答えが出ません。
    私的には血清マーカーは余計に不安になりそうなので受けたくはないけど、主人はまずは血清マーカーで調べてその後確率が高ければ羊水検査でって言われて。
    私は過去2回流産してて羊水検査も流産の可能性が無くはないとの事でそれも不安で。

    新型出生前診断にするのであれば明日までに病院に連絡しなきゃいけなくて。けど、お互いの意見がまとまらなくて。か

    • 8月16日
  • マリ

    マリ

    そうなんですね😥
    確かに血清マーカーだとママさんの年齢に対して何百分の1とかいう確率で出てくるので、どの程度の確率なら羊水検査を受けるかというのも考えなくてはいけないですしね💦ママさんの年齢が30代なら血清マーカーでもある程度正確な確率が出ると思いますが、40代なら迷わず新型出生前検査を受けた方が早いような気がします。新型出生前検査では40代以上の方が30代後半より更に確率的には上がると医師が言ってました😅でもお腹で子供を育てていくのも産むのもママさんだと思うので、不安なことは早めに無くしてゆったりとした気持ちで妊娠生活を送って頂きたいなと私は思います😊

    • 8月16日
  • ママ

    ママ

    産む時には38歳なんですよね💦なので、本当に迷うんです😭
    先生に血清マーカーは当てにならないって言われてるんですよね😥なので、心配性の私はどの確率なら大丈夫でどの確率なら怪しいって言うのが判断出来かねて余計に不安になりそうで😣

    本当ですよね。ゆったりとマタニティ🤰生活をしたいです。その為にもきちんと考えて答えを出さなきゃですね。

    • 8月16日
にぽ

2人目なので受けました。
1人目は確率で陽性出て、あてにならなかったので。

  • ママ

    ママ

    息子さんの時は血清マーカーで陽性になって特に何もなく健康体で産まれたよ💓って事ですかね?
    陽性出ると不安になってしまいますよね。

    • 8月16日
katomo

1人目出産の時はクアトロ検査しました。今回、39歳で妊娠した際、担当医に出生前診断の話が出ましたが、受けませんでした。理由は高額な上、染色体異常のダウン症などの13トリソミー、21トリソミーが診断内容で染色体以外の先天的な障害はわからないからです。
産まれるまで不安な事もありますが、せっかく宿った命なので子供の生命力を信じて元気に産まれてくるよう祈る毎日です。

  • ママ

    ママ

    言われる通りせっかく宿った命なので私も元気に産まれて欲しいと祈っております。
    確かに高額な上全てが分かるわけではないので本当に迷う所です。主人としっかり話し合って決めたいと思います😊

    • 8月16日
ハル

出産時に34歳で第2子妊娠中です。
私は特にエコーで異常を指摘されたわけではありませんが、羊水検査を受けました。
初期にエコーでの異常がなくても、後期になって異常を指摘された、妊娠中何も異常は指摘されなかったのに産まれたらダウン症だった…という話も聞いたからです。


どんな結果でも出産して、育てていく!という覚悟かおありでしたら、出生前診断は不要だと思います。

私はダウン症のお子さんと関わったこともあり、とても可愛いこともよく知っています。
我が子がダウン症だったら…大変な思いもするでしょうが、乳幼児期の間はなんとか育てていけるのでは、と個人的には思います。
ただ、思春期、青年期、老年期が難しいな…と感じます。
思春期・青年期は性の問題、青年期・老年期では、自分が老いても終わることのない子育て、親の亡き後、どうするのか…そこを考えると産むという決断は我が家では難しいと思いました。
今は、医療が発達して昔は短命だと言われていたダウンしての方も長生きするようになり、50代、60代の方もいますし、そのうち70〜80くらいまで生きられるようになるかもしれません。
仮に60くらいまで生きるとして、自分が90になっても我が子の面倒を見続けられるのか考えた時、持病もある私にはとても無理だな…と思いました。
福祉にかけられる税金だってどんどん減っていくでしょうし、公的支援をアテにすることはできません。
施設だって入れる保証はありません。
そうするとどうしたって、第1子の娘に負担をかけることになってしまいます。
障害のある兄弟がいることで結婚の話が破談になった…という話も聞きます。
娘のこと、性の問題、自分達が老いた時のこと、お金のこと…色々考えて我が家で育てることは難しいと思ったので羊水検査を受けました。

出生前診断には否定的な考えの方も多く、命の選別だ!と出生前診断=悪のように批判する世論の流れもあります。
でも、これは子どもを産み育てるご夫婦で決めることであって、外野がどうこう言うことではないと思います。
いざ、自分達が大変な思いをした時にその人達が助けてくれるわけではありませんから。
産む決断も、諦めるという決断も、どちらも間違いなんてなく、ご夫婦で決められることだと、個人的には思っています。
ですので、出生前診断=悪といった世論や道徳観念で考えるのではなく、ダウン症と診断された時、現実的に育てていけるのか、お腹の子の命を育てていきたいのか…ご夫婦でよく話し合われて、検査をするかしないのか決められるといいと思います。
ただ、出生前診断でわかるのはあくまでも染色体異常のみで、それ以外の先天性の障害や自閉症等はわかりません。


検査についてのお話ですが…
私の場合、新型出生前診断は年齢が35歳未満で受けれなかったので、いきなり羊水検査を受けました。
新型出生前診断は採血のみの血液検査でわかるので、安全です。
羊水検査は確かに流産の確率は0ではありませんが、そもそも羊水検査を受ける人はエコーや検査で異常を指摘された人が多く、染色体異常である場合が多いです。
そのため、元々羊水検査を受ける受けないに関係なく、体内で育つことができなかった染色体異常の流産も含まれているので、実際の流産の確率はもっと低いと医師から説明がありました。
ただ、流産のリスクが0ではないので、質問者様の場合は新型出生前診断をまず受けるというのもアリだと思います。
ただ、費用面でかなり高額です。
新型出生前診断は99%の的中率ですが、あくまで非確定検査で20万、羊水検査は確定検査で13万でした。(費用は病院によって違いますし、新型出生前診断→羊水検査にすすむ場合補助がある病院もあります)
新型出生前診断で陽性だった場合、確定検査である羊水検査にすすみます。
(障害があっても産みます!ということでしたら、羊水検査は不要になりますが)
血清マーカー等は余計に混乱することが多いのでオススメしません。
受けるなら新型出生前診断か羊水検査がいいと思います。

羊水検査は私の病院ではエコーをする医師、穿刺する医師と2人がかりで、更に補助でもう1人医師がついてくださり、とても万全な体制でして頂きました。
穿刺時は少し痛みはありますが、思ったほどではありませんでした。
穿刺後2時間様子見て、もう一度診察をしてもらい帰宅できました。
(病院によっては1泊入院のところもあるようです)
当日は安静に、翌日からは普通に生活していいとのことでした。

新型出生前診断は受けられなかったので、その体験談ではなくて申し訳ないですが…ご参考になればと思い、書き込みさせて頂きました。
長文失礼致しました。

  • ママ

    ママ

    丁寧に教えて頂きありがとうございました。
    大変お恥ずかしい話なんですが、新型出生前診断などの検査が何をするかとか全く分かっておらず、けど、明日には新型出生前診断をやるかやらないかを決めなきゃいけなくて😭
    主人としっかり話し合いをして決めたいと思います。
    本当に詳しく教えて頂きありがとうございました。

    • 8月16日

「妊娠・出産」に関する質問