※本ページは一般のユーザーの投稿により成り立っており、当社が医学的・科学的根拠を担保するものではありません。ご理解の上、ご活用ください。
ぽむ
ココロ・悩み

猫ちゃん飼っている方にご相談です。うちでは飼っていないのですが、私…


猫ちゃん飼っている方にご相談です。

うちでは飼っていないのですが、
私が16.7歳の頃に突然子猫が実家に
迎え入れられました。
母親は動物が好きで、特に猫ちゃん推しで
それからというもの、シングルマザーというのも
あり、猫ちゃんだけが生きがいの母です。

先日、話の流れから飼い猫→以下しじみ
が乳がんと宣告されたそうです。
もうおばあちゃんなのもあり、
心臓も元々弱くて手術は出来ないそうです。
条件が揃えば手術でガンが取り除けるのかは
わかりませんが、ようするに末期の状態と
いう事なんでしょうか…?

今すぐどうこうって話ではないらしいのですが、
投薬でなんとか進行を遅らせる感じみたいで、
それが効かなければ、ガンが破裂するのを
ただただ待つだけみたいです。

余命も言われていないため、
時期もわからないし、多分母親は
かなり辛い思いをしてると思います。
訳あって、しばらく会っていないので
近々顔を出すつもりではいますが…

飼い猫ちゃんがガンと宣告された事が
ある方いましたら、色々と教えて下さい。

  • ぽむ

コメント

もも

もも

昔から犬と猫を常に飼ってます。

お母様も、ぽむさんも
お辛いですね…
心中お察し致します。。

しじみちゃんのガンがどの程度かは分かりませんが、
犬や猫は(特に心臓に疾患、心臓が弱い子)は、
まず、手術はおこなえません。

理由は、犬や猫は、
下半身麻酔や、部分麻酔は出来ないからです。
歯槽膿漏などの歯の病気でさえも、全身麻酔となります。

なので、ガンが末期かどうかにかかわらず、全身麻酔がおこなえないので手術が出来ないということになります。

動物病院でおこなえるのは恐らく、
薬でガンを散らす、ガンの進行を遅くする、痛みを軽減させる薬を投与すること、だと思います。

  • 11月25日
もも

もも

補足です。

高齢猫には、
心臓が弱くなくとも手術は出来ないと断られることも多いです。
全身麻酔に耐えられず、手術したことにより、亡くなってしまうことも多いからです。

  • 11月25日
  • ぽむ

    ぽむ


    ご丁寧にありがとうございます。
    私はもう長い事会っていないので
    あれなんですが、母親は多分
    死んでしまうくらいに落ち込むと
    思われます…😢

    手術ができる程度なら、
    して欲しかったです😢

    高齢、心臓が弱いときてるので
    無理だろうなぁとは思ってましたが…

    薬が効いてくれればいいのですが…
    その薬で辛い思いさせるのも
    可愛そうですよね😢

    • 11月25日
  • もも

    もも


    お母様もご存知かと思われますが、
    動物病院にはかなり当たりハズレがあります。

    動物皮膚科専門の病院でも、
    海外に皮脂をとって調べに出すとかなんとかいって、犬に触れもせず、
    高額な料金ばかりとり、症状も全く改善されない。
    という病院も実際にあるのです。
    ですが、他の病院に行くと、シャンプーに消毒液?を混ぜて使用したら、3年以上治らず、アトピーだと言われていたのに、
    アトピーではなく、皮膚にカビのような細菌がついていて、赤くなってかゆがっていたとのこと。
    病院を変えてものの1ヶ月で治りました。

    これは私の実際に経験した話です。

    お母様の通われている病院が良いか悪いかは分かりませんが、
    一度セカンドオピニオンをしてみることをお勧めします。

    ですが、本当に動物の手術はリスクも結構高いのです。。

    しじみちゃんが元気になられますように。

    • 11月25日
  • ぽむ

    ぽむ


    そうなんですね!
    セカンドオピニオンも
    大切ですよね😢

    どうしても私達より
    先に逝ってしまうものだと
    わかってても悲しいですね😢

    ありがとうございます!

    • 11月25日
  • もも

    もも


    飼い主よりも後に亡くなる方がよっぽどその子は可哀想だと私は思ってます😭

    ですが、やはり愛する家族が亡くなるのは毎回耐えがたいです。。

    お母様の心に寄り添ってあげてくださいね😭

    • 11月25日

「ココロ・悩み」に関する質問