※本ページは一般のユーザーの投稿により成り立っており、当社が医学的・科学的根拠を担保するものではありません。ご理解の上、ご活用ください。
ももやん
雑談・つぶやき

自分の記録と、どなたかが同じ状況になるかもしれないと思い、投稿しま…

自分の記録と、どなたかが同じ状況になるかもしれないと思い、投稿します。
流産に関する話です。

8月初旬に初めての妊娠が発覚し、大喜びで病院に行きました。もちろん子宮外妊娠の可能性は認識していたのですが、その時は正常妊娠だろうということで帰宅しました。
海外に住んでおり、日本人の医師だったのですが、触診して子宮外妊娠ではないと判断したようです。
10wまでは特に流産が多いので、それまでは超音波検査等を行わないと言われていました。
(医療システム上、超音波検査等は別の病院に行く必要があるので、その医師から紹介状がないと受診できません)

9/4に再度受診し、その時は9w6dの想定でした。
その際、超音波検査ではなく胎内の音声を確認する機材で胎児の心拍を確認しようとしましたが、確認できませんでした。
医師からは、後ろの方にいるかもしれないから気にしなくていい、2週間後にまた来るようにと言われました。

9/16から黒いオリモノが出始め、9/18には鮮血が出るようになりました。
医師に問い合わせたところ、とにかく安静にと言われ、安静にしていたのですが、9/20の昼から耐え難い腹痛も始まり、総合病院の救急にかかりました。
病院で問診票を記入している最中に大量出血して気絶してしまい、処置室に運ばれました。こんな時でもなんとか英語が喋れるものなんだなと内心自分に感心しました。笑
激痛の中のエコーと内診は本当に辛かったですが、夫に手を握ってもらい、なんとか耐えました。
その後、出血が止まらず、何度も痛み止めをもらいましたが叫ぶほどの激痛が続き、5回目の痛み止めで何とか正気に戻りました。陣痛はもっと酷いのだと思いますが、子宮を雑巾絞りされて爪を立てられているような痛みが5分に1回、3分に1回、2分に1回と増えていき、過呼吸に陥りました。血の塊もかなり排出されていました。

その後、深夜に病室に移動し、生理食塩水を点滴されながら完全絶食、翌日に改めて超音波検査と子宮内容除去の手術を受けることになりました。
が、翌朝の超音波検査の結果「子宮内に妊娠の形跡がない」と言われ、子宮外妊娠だったのではないかという結論に。
一旦退院し、翌日に再度ホルモン値を計測してから、手術を行うかどうかを決定することになりました。
初めから子宮外妊娠だったなら、何であんなに血の塊が排出されたんだろう、あれは胎盤ではないのだろうか?でも、なんとか無事に帰れてよかった…と思いつつ、今は家で休んでいるところです。

これを流産と言っていいのかわかりませんが、8月初旬から続いていた「ほんとに妊娠しているのだろうか?」という不安が解消され、少しホッとしています。
ずっと待ち望んでいた妊娠だったので、悲しくて寂しくて、涙も出ますが、また赤ちゃんが来てくれることを信じて頑張ります。

もし海外で出産する方がいたら、医師の国籍にかかわらず早めに超音波検査を受けさせてくれる病院を選び、危ないと思ったらすぐに総合病院の救急にかかることをお勧めします。
今回、海外に住み始めてすぐの出来事だったこと、初めての妊娠だったことで、どういうフローが適切なのか自分で理解できていなかったのが一番の原因だと思っています。
卵管が破裂したりするケースもありますし、どうか超音波検査は早めに受診してください。

コメント

天体  焼き肉が食べたい

怖い体験されましたね😢
ももやんさんが無事で何よりです😭
もう出血は止まってるんですか?
日本では当たり前の超音波もしてもらえず、読んでて命の危険もあったのでは??と思うような状況、日本の医療が当たり前ではなく、妊娠が命がけなんだと、再認識させられました。

  • ももやん

    ももやん

    ありがとうございます。まだ出血は止まっていないんです💦痛み止めを飲みながら、家で安静にしているところです。
    本当に妊娠出産は命がけで奇跡ですし、日本の医療技術はすごいんだなと改めて感じています。欧米の国でもこれですから😱
    なんにせよ今回は私が生きて帰れただけ、幸運だったと思います。

    • 9月21日