※本ページは一般のユーザーの投稿により成り立っており、当社が医学的・科学的根拠を担保するものではありません。ご理解の上、ご活用ください。
ささ
ココロ・悩み

発達障害の診断を受けるか否かでなやんでいます。療育に行く予定ではあ…

発達障害の診断を受けるか否かでなやんでいます。
療育に行く予定ではありますが、夫は発達障害の診断が出てしまうと、子供が将来悲しんだり、傷つくことが多いのではとのことです。
グレーゾーンに近い発達障害のような気もしますが、チェックリストに当てはまることもあるため、また、集団生活での指示の遅れや手先の一部不器用もあり、今後どの程度できないことが増えていくのかも今予想がつきません。
来年から幼稚園入園ですが、本人の成長もみられるかもしれないため、医師の診断のタイミングも気がかりです。

コメント

ao

今長男が療育に通っていて、療育の先生には加配をつけたらどうかと言われ、保育園の先生からはそこまでしなくてもと言われ、悩んでいます。

主さんとは少し違いますが、私も診断をつけたり加配をつけてしまうともうその道に進むしかなくなるのかなと思ってしまってて、、実際そうではないのはわかっていますが、できるところまで頑張ってほしい、まだまだ伸びしろはあるんだから、それでもだめなら、診断を受けよう、と思い、加配をつけることもやめようかと思っています。
さきさんのお子さんはまだ2歳ですし、入園したらまた色々経験して変わっていくかもしれませんよ😉

エミリー

療育関係の仕事をしていました。

早いうちから療育を始めることはとてもいい事です。
幼稚園に入ればなお伸びていくと思います。
診断を受ける、受けないは園に入ってから考えてもいいと思います!
今は療育に通いつつ、園の先生にも療育に通っていることを伝え連携していくのがいいと思います。

しろ

長男、小学3年で発達障害が分かりました。
育てにくいと感じたこともなく理解ある先生方に恵まれたのもあり個性の範囲で普通学級で過ごしてきましたが3年の担任がハミ出た子が許せない人で病院を紹介されました。
やはり診断がつき放課後デイに通いながらも普通級を卒業しました。
大きくなってから本人にとって診断がついたことをどう思うか聞いたら「分かんない」と言いますが。
息子の特性を知って子育てのヒントにはなりました。
もっとずっと小さい頃に診察などの機会があればあんなに悩んだことはなかったのに…というシーンがたくさん思い出されます。
親が育てにくいのと、子ども自身が生きにくいのは別なのでもっと早く気づいてあげたかったのは本音です。
医師の診断はレッテルではなく、カウンセリングのようなものなので気構えずに受けていいと思います。

コロナで実家に帰れない

私の子も同じことで悩んだことがあります
まずは健診で保健師に相談して、いろいろ質問されて、当てはまらないから違いますと言われましたが、私が診断を受けようと思った理由は、早く見つかれば、本人に苦痛を強いることがないのかなと思ったからです
米津玄師さんが大人になってから自閉症であると明らかになり、それがわかって楽になったというインタビューをみたことがあります
なので、早くに知って対応できる時代なので、わかるに越したことないと思います

ご主人の将来本人がーという意見は、ご主人が発達障害者をそのような目で見てらっしゃるからです
私たちの世代だとそれが当たり前かもしれませんが
大学の頃にアスペルガーの友人がいましたが「私はアスペルガーです、私の場合同時に2つのことができません」と自己紹介してくれて、接しやすかったですし、本人も自覚があるうえでうまく生活していました

「ココロ・悩み」に関する質問