※本ページは一般のユーザーの投稿により成り立っており、当社が医学的・科学的根拠を担保するものではありません。ご理解の上、ご活用ください。
ICHIRO
ココロ・悩み

先日稽留流産手術を受けました。妊活からの南岸の第二子でしたが、悲し…

先日稽留流産手術を受けました。妊活からの南岸の第二子でしたが、悲しい結果となりました。
術後すぐは出血も多く貧血で倒れてしまいましたが、2日経ち、普通に家事ができるところまでになりましたが、
昨日の夜から急に胃痛が始まりました。
寝る体勢になるとすごく胃が痛くてなかなか寝れません。抗生剤と子宮収縮の薬と胃薬を飲んでますが、痛みは引かず、薬の影響か胸焼けもします。
術後4日目から少しずつ仕事も復帰して、明日からは通常通り仕事です。
手術後に胃が痛くなった方いらっしゃいますか?
どれくらいしたら、体調は元に戻るのでしょうか。まだトイレの時に下腹部も痛み、仕事も休憩しながらです。
まだ第二子が欲しい気持ちも変わらないので、また妊活始めれるタイミングで始めたいのですが、なかなか気持ちも追いつかないです。
とにかく今は副作用なのか、術後のお腹の痛みと頭痛がおさまらないかなーと思っています。
少しでもこの不調が無くなれば、気分も楽になるのですが。
経験された方はどれくらいで体調完全に戻りましたか?

コメント

ひまわり

お辛かったですね😭
術後日が浅いですし本当であればお身体を休ませてあげるべきですが、そうはいかないと思いますので無理はけしてしないでくださいね💦回復もその分遅れてしまいます😥

私は何度か経験してますがどれも最低1週間は不調でした…ホルモンの急激な変化もございますのでゆっくりできる時は少しでも休んでください🙇‍♀️

  • ICHIRO

    ICHIRO

    ありがとうございます。
    やっぱり無理はしてはいけないですよね。仕事柄なかなか、休めないものですぐに復帰してしまったのがダメだったかなと反省してます。
    ホルモンの急激な変化はなんとなくですが感じます。。流産後もずっとつわりが続いていたので、術後つわりがなくなり、バランスが取れなくなったのかなと思います。
    優しいコメントありがとうございました😊

    • 8月21日
‪‪Culumi

もうお腹の中に赤ちゃんが居ないんだ。

という絶望感と
寂しさと訳の分からない感情が溢れて
体調が悪かったことすら覚えてません😂。

ただ、むっちゃ悪くはなかったかも。。?

お腹の痛みはありましたが
いつの間にか消えてました😂


ちなみに稽留流産を経験して不妊治療を始めて3年になりましたが
今年4月に2度目の流産をしました。


稽留流産をした時に
ある方から頂いた
素敵なメッセージを
ここにも置いておきますね。
長文になりますが
どうか目を通して頂けると光栄です。





赤ちゃんは実はあなたのお腹の中に宿っても
生まれることが出来ないと分かっていました。

偶然あなたのお腹の中に宿ったのではありません。
ちゃんと自分の運命を分かったうえであなたを選んだのです。



きっとあなたはこう思われるかも知れません


「どうして私のところに宿ったの?」

「ごめんね、ままはあなたを育てられなかった」

「どうして?すごく楽しみにしてたのに」と。


では、どうして
赤ちゃんはあなたをままとして
選んだのでしょう。


それはちゃんとした意味があります。


決してままを悲しませようと、苦しませようとしたのではありません。
あなたがちゃんと赤ちゃんのことを
受け止めることができる人間だと
分かっていたからです。



赤ちゃんはまずどのお母さんに宿るかを考えます。


1つ目は、自分が心から愛すことの出来るまま


2つ目は、自分のことを心から愛してくれることのできるまま


3つ目は、自分と共に成長できる力を備えているまま



この3つの条件を満たしているのがあなたです。
つまり、あなたは赤ちゃんに愛されて選ばれた人間です。


時には涙される時もあるでしょうが、
あなたは赤ちゃんを心から愛し
赤ちゃんと共に成長できる力を持っているままなのです。


赤ちゃんにとって短い生涯というのは哀しい人生でしょうか?


赤ちゃんの魂は天国より出でて
そして、元の天国へと戻られます。
元々天国にちかい清らかな魂ですから
すぐに天国の生活に馴染むことができるでしょう

確かにこの世では数週間の短い生涯かもしれませんが、天国という永遠の時間の中では
数週間も数十年も変わりありません。

赤ちゃんは自分の役割を立派に果たして
天国へ戻られたのです。


あなたが自分のことを
心から愛してくれている人間と
わかっている限り哀しみはございません



ただ赤ちゃんにとって
一つだけ気がかりがあります。
それは、落ち込んでいるお母さんです。

必ず乗り越えることのできる強いままとわかっていながらも、本当はとても心配しています。
そこで天国からお母さんを見守ってあげようとするのです。「ままがんばれ」と
いつも応援しています。



赤ちゃんのことは決して
忘れられるものではございません。
たとえ哀しみから解放されて
普段と変わらぬ生活ができるように
なったとしても、目の前に可愛らしい赤ん坊を抱いたお母さんが現れたらどうでしょう。

ふと、自分のお腹に宿ってくれた子のことを思い出し、同時にあの時の哀しさや苦しみが蘇ってくるかもしれません。
そうなると素直に 「可愛いね〜」と
言えなくなることでしょう。
他人の幸せを喜べなくなる。
それではいけません。



まずは天国の赤ちゃんをしっかりと
受け止めてあげてください。
赤ちゃんを忘れるのではありません
哀しみを忘れるのです。

哀しみとサヨナラするように
努力することが最も大切なのです。



あなたも天国の赤ちゃんのままです。
心優しい天国の赤ちゃんに見守られている
幸せなままなのです。

  • ICHIRO

    ICHIRO

    素敵なコメントありがとうございます。
    流産と伝えられた後は正直全く実感がなく、つわりもあったので、他院を受診してみたり、他の先生にあえてみてもらったりもしましたが、変わらず流産で、どの先生にも手術をすすめられました。納得はしてるけど、実感って本当にわかないというか、あの時の自分の感情もよくわからないのですが、割と淡々としていて、親からも元気そうで良かったと言われるくらい、おちこみはなかったのですが、いざ手術が終わった途端に訳もわからず涙が止まりませんでした。その時初めて、もうお腹にいないんだと思いました。
    辛いですよね。受け止め方も、感じ方も人それぞれで、なかなか人に言えるものでもないですし。
    でも、気持ちの面では受け止めれたので、お腹に宿った子の事はずっと忘れる事なく、過ごしていく事だと思います。
    少しの時間でも、希望を持たせてくれた事、つわりはしんどくとも、幸せに思えた事を感謝したいです。
    素敵なメッセージありがとうございます😊

    • 8月21日

「ココロ・悩み」に関する質問